オシャレにも、医療用にもなるリアルなウィッグ

バレない自然なウィッグは、病気の副作用などで髪を失ってしまった人の生きる上での力になると思う。また、年齢を重ねて髪が薄くなってしまった人がもう一度ヘアアレンジを楽しみたいと思った場合にも役に立つと思う。医療用のウィッグの場合はどんなに手間がかかっていても、保険の適用などでできるだけ安価に提供できるのが望ましいが、オシャレのためである場合は逆にどんなに高価になってしまっても徹底的に拘るのがいいと思う。
またウィッグは、髪が薄くなってしまった人のためだけのものではないとも思う。いま現在何らかの事情で髪が染められない、切れない、パーマをかけられない人にとっても、バレない自然なウィッグというのは魅力的。私もオシャレ目的でウィッグをつけていたことがあり、ウィッグであることに気づかれず「きれいな髪だね」と言われた時などは嬉しかった。
最後に、自然なウィッグにする上で重要だと思うことは、毛質が人の髪に近いこと、または人毛を実際に使用することの他に、つむじの質感をリアルにすることだと思う。よく読まれてるサイト⇒バレないウィッグ